こんばんは。梅崎です。

 

事業所で扱う「労災保険」「雇用保険」「健康保険」「厚生年金保険」ですが、どんな事業所に適用されるのかご存知ですか?

それぞれ要件が違い、下記の通りとなっています。

 

<労災保険>

 

強制適用事業…労働者を使用する事業(法人・個人を問わず)。

船舶。

 

*ただし、次の事業が、次に挙げる要件のいずれにも該当する場合は任意適用となります。

労災保険が適用でなければ、労災が発生した時に補償しなくてよいということではありません。

労災保険を使わず、事業主が補償するということです。

農業……個人経営で、常時5人未満の労働者を使用。

特別加入をしたことが無い。

大型・中型の機械を使う事業の場合は、常時には

1人の労働者も使用しない。

 

水産業…個人経営で、常時5人未満の労働者を使用。

漁船の場合は5トン未満。

林業……個人経営で、常時には1人の労働者も使用しない。

年間使用延労働者数が300人未満。

 

<雇用保険>

 

強制適用事業…労働者を雇用する事業(法人・個人を問わず)。

船舶。

 

*ただし、農林水産業のうち、個人経営で常時5人未満の労働者を雇用する事業は任意適用となります。

 

<健康保険>

 

強制適用事業所…法人の事業所(業種を問わず)。

個人経営で常時5人以上の従業員を使用する

法定業種に該当する事業所

(法定業種に含まれない業種…農林水産業、

サービス業、自由業、宗教等)

 

*それ以外の事業所は任意に加入することができます。

*船員法に規定する船舶の場合は船員保険が適用されます。

 

<厚生年金保険>

 

強制適用事業所…法人の事業所(業種を問わず)。

個人経営で常時5人以上の従業員を使用する

法定業種に該当する事業所。

(法定業種に含まれない業種…農林水産業、

サービス業、自由業、宗教等)

船舶。

 

*それ以外の事業所は任意に加入することができます。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ

<業務内容>
中小企業のサポート
「従業員の採用から退職まで」
  労働保険・社会保険手続き
  就業規則作成
  給与計算
  助成金支給申請
  従業員に関する相談
「営業許可申請」
  建設業許可、経営事項審査

<主な業務対応地域>
福岡県 大川市、柳川市、みやま市、筑後市、三潴郡、久留米市 城島町、三潴町、大善寺町
佐賀県 佐賀市、神埼市、神埼郡