こんばんは。社会保険労務士の梅崎です。

 

今日は、お客様と建設業許可の決算報告の打ち合わせをしました。

 

私、社会保険労務士でもあるんですが、行政書士でもあるんです。

 

行政書士が受託できる業務はかなり多いので、通常、行政書士は専門分野があります。

 

私がやっている行政書士業務は、建設業や食品営業等の営業許可申請をメインにしています。

 

建設業許可を持っている会社は、毎年決算期が終わって4カ月以内に、決算報告をすることになっています。

 

具体的に言うと、変更届出書を提出します。

 

何が変更なのかというと、許可申請をしたときに提出した直前の決算期の財務諸表と、直前の決算期の工事経歴書が、直前のものではなくなります。

 

なので、直前のものを提出するのです。

 

簡単そうに見えて、これが結構大変です。

 

財務諸表は、決算書を写すだけだと思っていらっしゃる方もいます。

 

ところが、税理士さんが作っている商業簿記を、建設業会計に置き換えないといけないのです。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ

<業務内容>
中小企業の経営者のサポート
「従業員の採用から退職まで」
  就業規則作成
  給与計算
  助成金支給申請
  労働保険・社会保険手続き
  従業員に関する相談
「株式会社設立(司法書士と連携します)」
  電子定款作成(印紙代4万円が不要となります)
「建設業許可申請、経営事項審査」

<主な業務対応地域>
福岡県 大川市、柳川市、みやま市、筑後市、三潴郡、久留米市 城島町、三潴町、大善寺町
佐賀県 佐賀市、神埼市、神埼郡