おはようございます。社会保険労務士の梅崎です。

 

現物給与の価額が、平成24年4月1日より改定されます。

 

http://www.nenkin.go.jp/main/employer/genbutsu_kyuuyo24.pdf

 

社会保険関係においての現物給与の価額は、厚生労働大臣が定めることとなっています。

 

現物給与とは?

 

食事や住宅等を、会社が従業員に、無償又はとても安く与えることがあります。

 

これは、従業員が経済的な利益を受けているので、給与が現物で支給されたことになるのです。

 

ただし、現物給与として取り扱わない場合があります。

 

その現物給与が食事の場合、従業員から価額の3分の2以上徴収していると、現物給与は無かったものとなります。

 

所得税の、現物給与は無かったものとして取り扱われる額は、この額とは違うので、ご注意ください。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ

<業務内容>
中小企業のサポート
「従業員の採用から退職まで」
  労働保険・社会保険手続き
  就業規則作成
  給与計算
  助成金支給申請
  従業員に関する相談
「営業許可申請」
  建設業許可、経営事項審査

<主な業務対応地域>
福岡県 大川市、柳川市、みやま市、筑後市、三潴郡、久留米市 城島町、三潴町、大善寺町
佐賀県 佐賀市、神埼市、神埼郡