おはようございます。社会保険労務士の梅崎です。

 

高年齢者雇用安定法が改正されました。

 

施行は平成25年4月1日からです。

 

定年後の継続雇用制度の対象者を、労使協定で決められなくなります。

 

定年年齢の引き上げや継続雇用制度等の導入により、65歳までは雇用確保措置をしなければいけないことになっています。(平成25年3月31日までは64歳)

 

例えば、「60歳定年、継続雇用65歳まで、ただし継続雇用を利用できるのは成績や勤務態度が良好な人」という決め方をしていたのが、平成25年4月1日からは希望すれば誰でも65歳まで働くことができるという事になります。

 

具体的には、12年間の経過措置がありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

→ 「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の一部を改正する法律」の概要



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ

<業務内容>
中小企業のサポート
「従業員の採用から退職まで」
  労働保険・社会保険手続き
  就業規則作成
  給与計算
  助成金支給申請
  従業員に関する相談
「営業許可申請」
  建設業許可、経営事項審査

<主な業務対応地域>
福岡県 大川市、柳川市、みやま市、筑後市、三潴郡、久留米市 城島町、三潴町、大善寺町
佐賀県 佐賀市、神埼市、神埼郡