建設業許可

 一定規模以上の建設工事を請け負おうとする場合、公共工事か民間工事かを問わず、建設業許可を受ける必要があります。

 

 国土交通省 建設業の許可とは
https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bt_000080.html

 

 国土交通省 九州地方整備局 よくわかる建設業法(2018.3)
http://www.qsr.mlit.go.jp/n-park/construction/pdf/160601kensetugyoho.pdf

 

許可の区分

 

大臣許可と知事許可 
 ・国土交通大臣許可
 ・県知事許可

 

一般建設業と特定建設業
 ・一般建設業
 ・特定建設業

 

業種

 

建設業は、現在29種類の業種に分かれています。

 

土木一式、建築一式、大工、左官、とび・土木、石、屋根、電気、管、タイル・れんが・ブロック、鋼構造物、鉄筋、ほ装、しゅんせつ、板金、ガラス、塗装、防水、内装仕上、機械器具設備、熱絶縁、電気通信、造園、さく井、建具、水道施設、消防施設、清掃施設、解体

 

国土交通省 建設工事の種類、内容
https://www.mlit.go.jp/common/001209751.pdf

 

有効期間

5年。
期間満了30日前までに更新の申請が必要です。