建設業許可が必要なとき

建設業を営むためには必ず許可が必要なわけではありません。

 

1件の請負工事の金額が、建築工事一式については消費税込みで1500万円以上、それ以外の業種については500万以上となる場合に、許可が必要となります。
「契約金額の大きい仕事が来た!許可ください!」と言っても、それは無理な話です。

 

「はい、どうぞ!」と、すぐに許可が下りることはありません。

 

まず、許可の要件に該当しているか。

 

該当していた場合、それを証明できる書類が揃っているか。

 

書類を揃えるのにも時間がかかりますし、申請して許可通知書が届くまで2〜3カ月程度かかります。

 

仕事をもらい損ねたということのないよう、また会社を大きくしたいのならば、建設業許可は取っておきましょう。

 

対外的な信用にも繋がりますからね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ